FC2ブログ

原点回帰 ヴィンヤサフローとプラナサージ in ホルトヨガ

石川県を拠点に、ヨガとアーユルヴェーダをお伝えしています。
固定サロンは、津幡の自宅ですが
ヨガは主に金沢市内で活動しています。北陸エリアの出張施術大歓迎です!


今朝はホルトヨガへ学びの時間。

生徒であることは、ずーっと必要。

『人生=学び』 


ホルトヨガ 20160716 1

ホルトヨガ 20160716 2

というわけで、今日は 約1か月半ぶりに

ホルトヨガでロビンソン尚子先生のレッスン(YTT=Yoga Teacher Training)を受けてきました。

先生のクラスはとてもユニークで、型破り、

というか、そもそも、型という概念がないくらい

型にはまらないのが先生の素敵なところ

今日も、どんなヨガが飛び出すかなぁと思いながらのYTTでした。


一応、今日はプラナサージTT ということで参加したのですが

プラナサージも一般的なヨガも

どちらも、プラーナ(生命エネルギー)が重要なのです。

というか、プラーナで体を動かしているわけなのです。

まず、今日は ヤッタ~!!

ホルトでヨガを学んだ方は全員知っている

アンバフロー (Nosara Yogaのアンバ女史が組み立てたヴィンヤサフロー)

それを尚子先生のリードで動きました。

汗が、滝のように流れ、Tシャツはベタベタ


アーサナのガイドを聴きながら

よく知っているアーサナだけど、

先生のガイドで行うことで いつも自分で行うアーサナの感覚との違い

より、正しいアライメント(体の骨・関節の並び方)を意識しながら動くことで

いつもと違う感覚を感じることができました。

やはり、自分一人でヨガをやったり教えたりしていると

ついつい偏ってしまいがちなので、

卒業した今も、たまには、先生のレッスンを受けること必要だと深く感じました。

そして、やっぱり先生のリードで行うアンバフローは最高だ。

先生は、もう70歳近い年齢のはずだけど、

今日の先生、私よりも明らかに動きが軽快で力強く私は足元にも及ばないくらい元気。

私も、ついついチャタランガからのアップドッグを何度も繰り返し頑張ってみました

ここ最近、ひとりでやっていると、チャタランガからの・・・がなかなか出来なかったのです。

これぞ!プラーナの力、プラーナの為せる技ですね。

先生や他の仲間と動くことで、私のなかのプラーナが満ち溢れてきた

途中、これまた久々の頭立ちもやってみたり

ガイドされるヨガの楽しさを久々に堪能しました。


アンバフローが終わって、後半はプラナサージ

今日は、アンバフローにも出てきた

カポタアーサナをアシストするプラナサージ

私は、アシストする側でした。

正直、このくだりを行うのはひっさしぶりで

あれれ、どんなんだったっけ?と先生のやってるのをガン見しながら(笑)

でも、ペアを組ませていただいた男性Nさん

終わってからのシェアリングでは、ひとりでやるより

格段にやりやすかったと言って下さり


あぁ、そうかあ、こういうプラナサージ忘れてたぁ・・・

私のなかで、忘れていたものへの目覚め、気づきがありました。

そうそう、NさんはYTTへ通い始めてまだ2ヵ月くらい

まだまだアドムカシュバナアーサナ(ダウンドック)がつらかったそう。

アドムカシュバナアーサナからのカポタ・・・だったので、

まず、アドムカ・・・のアシストから始まったんですが

少しの手入れ(アシスト)と説明で彼のアーサナが格段に良くなって

本人のつらさもだいぶ楽になったそう、

見た目もすっごくよくなりました。

それを見て、私もうれしい!


私が、

ヨガが好きになったのは

今もヨガをしているのは、

続けてこれたのは、

正直ほんとに、ロビンソン尚子先生のヨガに出会えたからなんです。

今日は、やっぱり先生のレッスンが楽しいなぁと思えた

原点回帰のYTTでした。

そうそう、先生と話をしたら、最近先生が入門したという

空手にも興味を持ちました。


来月の東京行きの際に、私も体験してみようかなぁ~と思い始めております

スポンサーサイト



農食癒のコラボ 第3弾 滝行にはまる女たち

石川県を拠点に、ヨガとアーユルヴェーダをお伝えしています。
固定サロンは、津幡の自宅ですが
ヨガは主に金沢市内で活動しています。北陸エリアの出張施術大歓迎です!


今年の夏のトップ3に入ること間違いないイベント

滝行が終わり

はや5日も過ぎてました。

ご報告が遅くなってごめんなさい。

ようやく~、レポートしなきゃーって!!💦💦


今年は結構雨が降ってますんで、

正直前日の段階では、イベント開催が危うくて、

イベントやっても、もしかしたら川の状態によっては

滝行だけできずに終わる可能性もあるかも・・・

と、ドキドキ!なんとも神頼みな気持ちで当日を迎えました。

その日 7/10は朝から快晴でした!

これならば、大丈夫!ということで、私は今回スィーツ担当

米粉ロールケーキの仕上をし
米粉ロールケーキ仕上げ20160710

いちのたにへGO!


この日の太陽、ハローまたは白虹とも呼ばれるそう。参加者のすずさんに教えてもらった。
白虹20160710

この日も抜群の美しさを放ついちのたにの景色
いちのたに20160710

まず、朝のご挨拶
まずご挨拶20160710

ローラのしっぽ、こんなに太かったんや~!とにかく落ち着きないローラ
ローラのしっぽ

畑へ到着。

今日は、2回目の時に植えた大豆の間引き

金時草への肥料やり

畑作業20160710

金時草20160710

う~ん、やっぱり私こういう単純作業好きだわ。

なんだか、黙々と無心になれる、

その無心が心地よい。

みんなも話しながらも手の動きバッチリです。

畑に着いて早々、現れたバッタさん。すずさんから離れた後に、私の元へやってきて
おそらく、15分~20分くらいは私の肩やら頭の上に乗っかってました。
バッタと私20160710

よっぽど気に入られたみたい。これが、人間の男子だったら、、、

みんなでやると作業もあっという間。
さ、帰ろうかと思ったら、すでにローラがスタンバイ(笑)
待つローラ20160710

でくのぼうに戻ったら、そこには水が入った4つのドラム缶が並んでいた。
ドラム缶風呂1 20160710

昼ご飯には、まだ早い!

そうそう、朝の挨拶・説明の時に、護摩行があるって言ってたけど

ギャハハー、護摩行の正体はこれでした
途中、風向きが変わると熱い~
ドラム缶風呂2 20160710

火をたくポイントをまさのりさんから教えてもらっています。
最初は、丸めた新聞紙、その後、段ボール、燃えやすい木、おがくず、そして太い木へと
ポイントは、空気(酸素)が入るように、空間をもたせるようにして
燃えるものを入れていくこと。
写真は、ちょうどマッチの使い方の説明。もちろん、私たちの年代ならば
マッチは使えますが、なんと!先日合宿に来た大学生のなかにはマッチを使えない子もいたそうです。
なんとなく、せつないね。
ドラム缶風呂3 20160710

ドラム缶風呂4 20160710

ローラ見守る中2 20160710

ローラ見守る中 3 20160710

苦戦しながらの火おこしもなんとか目途がつき、

よっ!お待ちかねのお昼ご飯です。あけさん作。採れたて新鮮、山菜やお野菜メインの料理です。
あけさんの作ったお昼ご飯 20160710

みなさん、ごはん、おかわりしてました。

ゴハンが終わって、いよいよ滝行!

滝に入る前の心得、結界の張り方など教えていただき
滝行説明

さて~いよいよですよぉ。
なんだか、銭湯にでも行くような雰囲気でおしゃべりしながら滝行会場へと。
いざ、滝行へ出発1 20160710

いざ、滝行へ出発2 20160710

ここからは、似たような写真が続きます。
滝行1

滝1

滝2

滝行2

これ、私なんですが、ちょっと貞子風。
滝行3

滝行5

滝行6

滝行7


川の水は入った瞬間は、えっやばい、冷たい!!

こんなじゃ、もしや心臓麻痺になったらどうしよう~とか、一瞬だけ心によぎったかも。

でも、次の瞬間

滝に入ってしまったら、すべての思考がSTOPせざるをえないくらいの

水量、水力におののきました。


その水圧では、体をまっすぐ立っていられないくらいです。

なので、百会(頭のてっぺん)に水を当てるといいそうですが

いきなりそこへ行くのは危険。


首をしっかりサポートしないと難しいかも。

とにかく、水が、水が、水がすごくって

ゴー、ボワンボワン、(←水の音)

なんだか普段聞けない音で

目も開けられないし


とにかく、意識を否応なしに自分の体、内側に向けるしかない状況。

周りの音は一切聞こえない、誰がいるかも分からない

数分続けていると、心地よさまで感じられるくらいでした

でも、調子に乗ってやり過ぎには注意です。

体も冷えるからね、も少しやりたいくらいでやめとくのが無難。

と思いながら、切り上げて戻ってきたんですが、

なんとなく、心残り、なかなかできるもんじゃないし

あぁ、もう一度 やりたい~って心から思ったら

なーんだ、みんなもおんなじ気持ちだったみたい(笑)

再度、5人で滝へと戻りました。

写真は2回目のものです。

あけみさんにパチッと撮ってもらった。

途中、内容は言えないけど、

想像を超えるハプニングが起こり大笑い

もし、いつか滝行してみようと思われたら

こそっとお教えします。

女性は気をつけなきゃいけないポイントだから


戻ってからのドラム缶風呂~

お湯は熱すぎるくらいあったかい

こんなロケーションで自分で火をたくところから始めて

自分であっためた自分だけのお風呂につかる

周りの景色、山々に囲まれて、動物たちが行き交う中

ドラム缶風呂2

ドラム缶風呂3

ドラム缶風呂5

風呂につかる!最高

最後のまったりティータイム。
チャイ(スパイスミルクティー)、タピオカ入り豆乳ごまミルク、米粉ロールケーキ
米粉ロールケーキ1

ロールケーキ少しかじってしまった後の写真です(笑)。


あぁ、最後まで目を通していただきありがとうございました。

私は、今 眠い目をこすりながら~やってます。

なんとなく、長文の傑作になるような気がしていたせいか

なおさら、なかなかレポートできずにいました

ようやくUPしたぞー。


今年、こうして初めて、農食癒のコラボ企画として

いつもお世話になっている 林夫妻とガッツリ3回シリーズでイベントやらせていただきました。

正直、毎回 参加者は3人、4人くらいで、

本来は、中止を考えなきゃいけないような状況でしたが

私たち自身が、まずやってみたかった

初めての試みとして、やり遂げられるのか。

参加者して下さる方がいる限り、やり遂げなきゃいけないのは、当然なんですが、

やってみて、私たち?、少なくとも私の自信になりました。

私の担当は

1回目ではアーユルヴェーダのカティバスティ

2回目では、覚えたてのインドカレー

3回目は、スィーツ 担当しました。

今後、まだ年内あるかも、さらに来年は

また新しいことを まさのりさん、あけみさんとやっていきたい

それが、出来る!ってことが分かりました。

ますますワクワクする、今後の展開?!

ピンときたことに足を止めずに、やっていきます。

時には、とってもゆっくり歩くかもしれない、時には調子よくスキップするかも

そんな感じで、自分のペースで無理せず挑戦していきます。

各回に参加してくださったみなさん本当にありがとうございました!


なぜだか、私のクロックスをつつきまくるニワトリたち。
ニワトリとクロックス
06 | 2016/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

イケダ ミチヨ

Author:イケダ ミチヨ
アーユルヴェーダとヨガと、アンコ(犬)、コーヒーが大好き。
石川県津幡の自宅サロンでアーユルヴェーダトリートメント、プラナサージ(ヨガマッサージ)、ヨガをしています。ヨガやアーユルヴェーダで自分の健康を自分で守っていきましょう。お気軽にお越しくださいね。

MAIL:haramitsu6@gmail.com
LINE
友だち追加

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR