FC2ブログ

感動!『日日是好日』見てきました。心に響く言葉がいっぱい。


石川県を拠点に、ヨガとアーユルヴェーダをお伝えしています。
ヨガとアーユルヴェーダ はらみつ のブログ。


~ 1日 半歩でいいから すすんでいこう ♪ ~


今日は、午前中に 映画を観に行って来ました。
イオン金沢シネマは、月曜の映画が安くって
今日、行こうと決めてました。
 
 
昨日、東京からおそおそに戻ってきてたから
もしかしたら、朝はだるいかなぁと思ってたんですが
意外にも 割と、気分爽快な朝!!


見に行ったのはこれ。


『日日是好日』
日日是好日 映画


思えば、7/25アーユル禅のワークショップで
禅宗の僧侶である知見先生からも
この言葉をいただいていました。

20180725アーユル禅16


ほんの4カ月ほど前のことですが、
でもまだその時は
正直この言葉にあんまりピンと来てませんでした。


ちょうど、映画の中でも主人公たちが
その意味をふと考え

「毎日が好い日 ってこと??」

「それだけ?」



って言ってたように、、、


また、4カ月経たないうちにこの言葉と遭遇するとは、



でも、不思議なんですが、
この映画を見ながら、私は何度かジーンと来るシーンがあって


その一つが、映画の冒頭


樹木希林 扮する お茶の先生のお宅にかかっている
『日日是好日』 の額が、
映し出されるシーン。


ただ、この言葉を見ただけで
じーんときた。


まだ、ストーリーも始まっていないのに。
それは、理由では説明できないこころの状態でした。



そしてまた
物事には時間をかけないと理解できないものがある
って、その意味も
この年齢の自分だから分かるっていう
感覚があって、共感できた。


たぶん、この映画を
高校生の自分、20代の自分、30代の自分が
見たとしたら、


それぞれ、感想も違うだろうし
感動の度合いも変わっていただろうと思う。


よく分からないけど
今この年齢の自分だからこそ
それなりに人生経験積んできた今だからこそ
分かるというか、共感できることが
いっぱい、ほんとにいっぱいあった。


習うよりも慣れろ


これは、瞑想に通じるんだろうと思った。
わたしは、まだ慣れてないんだけど
瞑想については、ついつい頭で考えてしまっている
雑念が入るってことだけでなく
まだまだ瞑想に苦手意識を持ってしまっている。


そして、いい瞑想のしかたがあるんじゃないかって
思っている。


いや、習うよりも慣れろ なんだろうなぁ。きっと。




人は、幸せのなかにいると幸せが見えない


毎年、同じように過ごせていることが幸せ


わたしたち、ついつい何かを失ってから
自分が幸せだったと気づく。


幸せのなかにいる時は、いまが幸せなんだと気づかない。



そして、茶道の所作の動きが
その頭で考えるものでなく、
体が慣れることにより、
勝手に動き出す
その動きは、

動き、

フロー、そう流れそのもので


とっても美しいと思った。



そういえば、私は 高校生の時
結局は、帰宅部だったのですが


本当は最初、茶道部に入りたくて
2-3回は行ったんだけど、
その所作の難しさ、ふくさの扱いや
畳のへりを踏まない、
etc・・・・・


その時の私は、おいしい和菓子、おいしい抹茶
それにしか関心がなくって
こんな面倒くさいルール御免だ!と
すぐに辞めてしまったのです。


あれから、また茶道をやってみたいとは
一度も思ったことはなかった。


不思議とこの映画を見始めた時、
きっと慣れることで
すらすら動いていけるこの感覚は
ヨガの感覚、瞑想の感覚に
似ているんだろうなと思い、
自分の内側から自然に動けるようになったら
さぞかし気持ちがいいんだろう
つまり瞑想的なんだろうと思った。


そして、主人公が小さい時に『道』という映画を見て
まったく理解できずおもしろくなかったのに
大人になってから見た時、
その面白さが分かった。


世の中には
すぐ分かるものと、すぐ分からないものの2種類がある



すぐにわからないものは、
長い時間をかけて少しずつ分かってくるようになる



その言葉を聴いて、
私は、高校生の時に、放り出した まさに茶道を思い出してしまった。


あの時、なんて面倒なものなんだ!と
茶道に対して思ってから
私のなかの茶道にフタをしてしまってました。


開くかどうか、まだはっきり分からないけど
単純な私は、もしまた茶道を習ったとしたら、
今度は高校生の時とは違う感覚を得られるのかなぁ
と、そこが知りたい気持ちになってしまいました。


今日、お茶に関する映画を見て
たまたま今そう思っているだけなので
どうなるか分かりませんが


今日の映画は、わたしの古いこころを呼び起こす
不思議な映画
でした。

淡々と進んでいくその映画の流れに終始ひきこまれてしまいました。


ちなみに、なぜだかわたしがじーんとしたシーン
言葉がまだありました。
正確なセリフとは違っているかもしれないけど


お茶の先生が主人公に言う言葉

『いつ辞めたっていいのよ。気楽にお茶飲みに来ればいいの』

(全然こんなセリフじゃなかったかも、、、)


なぜだか、このセリフに私はとってもじーんと来た。
わたしのなかの、気づいていない潜在的な部分で何かを感じたのかもしれません。


今のわたしが、何かに縛られていたり制約されているわけではないと
自分では思っているけど
もしかしたら、もっともっと自分じゃ気づかないふかーいところで
張りつめている何かがあるのかもしれない。


いつ辞めてもいい
気楽に


思えばそうだ。
わたしたちは、みんなこの世に幸せになるために
生まれてきているのだから


無理して、頑張って、強がって、勇気出して
責任とか、義務とか、


そういうこと、気づかないうちに
背負っているのかもしれない。
だから、わたしの内側が震えたのかな。


正直、理由がわからなく流れてくる涙に私がびっくりした。
こんな涙は初めてだと思った。



というわけで、
湧き出てきた思いをツラツラ書いてみました。


主人公の黒木華さん、そして お茶の先生役の樹木希林さん
おふたり、素晴らしかったですよ。


生き方を教えてくれる映画だと思いました。

とってもオススメ、是非 見てみてください。



今の自分に出来ること
毎日、半歩でもいいので、
前に進んでいきましょう!


そしたら、必ずいいことあるよ♪

 
最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ぜひぜひ原作も読んで感想お聞かせくださいね^^

Re: No title

こんにちは!そうそう、前にさとみさんのFBの投稿見てて、へぇーそんな前に原作があったんかぁと思ってました。
さとみさんの投稿もこの映画に興味を持った理由のひとつ。
そして、了解! 原作も読んでみまーす。めっちゃ、いい映画で、ほんと見てよかった。ありがとうございます★


> ぜひぜひ原作も読んで感想お聞かせくださいね^^
07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

イケダ ミチヨ

Author:イケダ ミチヨ
アーユルヴェーダとヨガと、アンコ(犬)、コーヒーが大好き。
石川県津幡の自宅サロンでアーユルヴェーダトリートメント、プラナサージ(ヨガマッサージ)、ヨガをしています。ヨガやアーユルヴェーダで自分の健康を自分で守っていきましょう。お気軽にお越しくださいね。
URL: http://haramitsu.wix.com/haramitsu
FB :www.facebook.com/haramitsu6
MAIL:haramitsu6@gmail.com
LINE
友だち追加

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR