FC2ブログ

何度やっても体質診断は難しい


石川県を拠点に、ヨガとアーユルヴェーダをお伝えしています。
ヨガとアーユルヴェーダ はらみつ のブログ。


~ 1日 半歩でいいから すすんでいこう ♪ ~

今日は、アーユルヴェーダDr.浅貝賢司先生の
アーユルヴェーダ講座 金沢第3期
全10回のうちの、
いよいよ折り返し地点、6回目でした。


今日のトピックの目玉は
やはり、何と言っても

体質について

ヴァータ、ピッタ、カパ

という、あれです。



もちろん、わたしは先生の講座は3回目だし、
他でも、体質診断は
自分で、何度もしてきました。


そんなわたしですが、


あらためて思う!



体質診断は、難しい!!!



今日も、質問にセルフチェックで答えながら
自分で決めつけないようにしよう


というところで、苦戦しました。



何度も診断してると、
なおさら、わたしは
◯◯タイプだという思い込み、決めつけが
強くなります。



いわゆる生来の体質 プラクリティ

後天的な体質 ヴィクリティ

の判別も難しい


先生が言っていたように
プラクリティは、

案外、自分よりもお母さんのほうが
正確な判断ができるかもと
言ってました。


幼少期の自分の肌がどうだったかとか
便がどうだったかとな
確かに自分では、思いだせません。



だから、インドでは、ちゃんとした
アーユルヴェーダ医ほど、
体質を断言しないそうです。


なるほど〜


ですね。



そして、ここは毎回そうなんですが、
私の場合、
幼少期ヴァータがほとんどない
ように思います。



よく、こんなにヴァータがなくて
動けたなって。
(まあ、ヴァータがないという判断も自己判断ですが、)


今回も、一年前の結果と少し違ってて
同じプラクリティのことに対して
答えているはずなのに


自分の昔の自分に対する分析も
変わってしまうところが
なんとも言えない、、


結局は、アーユルヴェーダもヨガも
他のスピリチュアルななにか
カードリーディングにしても


私にとっては、自分探しのツールなんだなぁ


それほどに、自分を知るということは
奥が深い


一生探求していくんですね。



そして、だから、おもしろい。



今の自分に出来ること
毎日、半歩でもいいので、
前に進んでいきましょう!


そしたら、必ずいいことあるよ♪

 
最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2020/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

イケダ ミチヨ

Author:イケダ ミチヨ
アーユルヴェーダとヨガと、アンコ(犬)、コーヒーが大好き。
石川県津幡の自宅サロンでアーユルヴェーダトリートメント、プラナサージ(ヨガマッサージ)、ヨガをしています。ヨガやアーユルヴェーダで自分の健康を自分で守っていきましょう。お気軽にお越しくださいね。

MAIL:haramitsu6@gmail.com
LINE
友だち追加

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR