FC2ブログ

自分という木を育てること


石川県を拠点に、ヨガとアーユルヴェーダをお伝えしています。
ヨガとアーユルヴェーダ はらみつ のブログ。


今日はまたすごい勢いでブログ書いてますねー(笑)
最近の私は、はっきりしてる。

書けないとき、書きたくないときは 
書かない!!



そして、
書きたいとき、つまり 余裕のあるときには
いっぱい書きまーす ☻



今日は、きっと余裕のある日なんですね🌸



今日気づいたこと

私たちが生きるということを
木の成長 に 例えてみて 思ったこと。

本当に、木と人間はおんなじだ!と
思いましたよ。




まず、小さな種から芽が芽吹く
とてもよわよわしいですが、
あらゆる可能性を秘めています。



はい、あらゆる可能性を私たちはもっています。



小さな芽は太陽の光や、雨や、栄養をいただき
少しずつ成長
していきます。


幼少期、親が私たちを育ててくれ
また、まわりの人から愛をいただき
私たちは大きくなっていきます。



時には、嵐や雪や強風や日照りや
つらいこともあります。



私たちも
学校や会社でいろんなツライ経験、ストレス
時には、愛のある叱咤激励
を体験
していきます。



そんな中、
木は つねに 地上だけではなく
地下にしっかりと
根を張り続けています。



私たちも、
自分のうわっつらの外側を美しく見せるだけでなく
知識や経験をただ積んでいくだけでなく



自分の内側の美しさや強さを育てていきます。
つまり、それが 地下に根を張ることかもしれません。



外からは見えないかもしれませんが
根が弱ってきていたら
いくら外見が美しくとも
その木の寿命は短いかもしれません。



外見は、みすぼらしかったり、地味で華麗さを感じない木でも
実は根っこはとても強くしっかりとしていて
今ではなくとも、いつか とっても堂々と美しい木になっていく可能性を持ち合わせている。



そして、
元気な木であれば
枝葉も茂り、
そこには花が咲き、実までもならすことができる。



その実が、また他者を喜ばせる
他者へ命を与える


私たちも、自分の内側が元気に光り輝いてくると
今度は自分のみならず
周りの人にも元気を与えられる存在
になりうります。


最終的には、そういう存在を目指したいところです。


木や自然界は、そうやって
自分自身のみならず、
あらゆる生物に恩恵を届けています。



しかし、
きれいごとではないので
まず、自分自身が元気でいることが一番です!



次に、自分が元気であるなら、
自分という木になった実を他の人にも分け与えていけるといいですね。


自分の実が周りの人を幸せにしてくれます。


そして、しっかりと根をはっていた木も
いつかは終わりがきます。



小さな芽から始まった命は
最後には他の人に自分の実を分け
幸せを届けるにまでなって。



すべてのステージをまっとうして
木は静かに自然に戻っていく
んですね。


そんな風にありたいと思います。

20170610_樹林気功1

20170610_樹林気功5

20170610_樹林気功7

20170610_樹林気功8





スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2020/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

イケダ ミチヨ

Author:イケダ ミチヨ
アーユルヴェーダとヨガと、アンコ(犬)、コーヒーが大好き。
石川県津幡の自宅サロンでアーユルヴェーダトリートメント、プラナサージ(ヨガマッサージ)、ヨガをしています。ヨガやアーユルヴェーダで自分の健康を自分で守っていきましょう。お気軽にお越しくださいね。

MAIL:haramitsu6@gmail.com
LINE
友だち追加

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR